HOME > 使い方 > 雑草対策 > 使い方 > 茎葉処理型

使い方

土壌処理型除草剤商品へ 使い方TOPへ戻る
土壌処理型 使い方

茎葉処理型

成分は植物の葉や茎から吸収されます。茎葉処理型の多くは、成分が土壌に落ちるとすばやく不活性化するので、植物の根から吸収されることはありません。そのため、枯らしたくない植物が近くにある場所での除草にも適しています。すばやく効果がでますが、雑草の発生を抑える効果はありません。

例えばこんな商品があります ネコソギクイックプロシャワー ネコソギガーデンシャワー ネコソギガーデンシャワー ネコソギクイックプロFL ネコソギWクイック微粒剤 ネコソギWクイック微粒剤 シバキープAL シバキープALエコパック シバキープエースシャワー

茎葉処理型のまき方

天気が良く、風のない日に散布しましょう。散布後すぐに雨が降ると、薬剤が流されてしまい十分な効果が現れません。

茎葉処理型

茎葉処理型除草剤

使用時期の目安

使用時期の目安 動画で詳しく見る

茎葉処理型除草剤の効果

持続性・速効性は?

茎葉処理剤はすばやく効果が現れます。早いもので散布翌日か枯れ始めるものもあり、
多くは数日から1週間で枯れはじめます。継続効果はありません。
※土壌条件、気象条件等により差が生じます。

ネコソギクイックシャワー散布時