サイト移動用メニュー


雑草対策の必要性

雑草対策、考えていますか?

いくらきれいに整地しても雑草はあっという間に生えてきます

イメージ

ソーラー用地へ転換利用する際に抜根した状態でも、土の中に雑草の種が混ざっていたり、小さな種が風に吹かれて飛んで来て、あっという間に雑草は大地を埋めつくすほど生えてきます。
2〜3月になると雑草が顔を出し始め、春から夏にかけて猛烈に生長します。雑草対策の基本は“小さいうちに処理する”こと。設置時に先手を打てば雑草に悩まされることはありません。
整地後に放置しておくと、ご覧の通り。ヤブ蚊の棲み家となり、環境衛生上もよくありません。太陽光パネルが雑草に覆われてしまい、発電どころではありません。

お問い合わせTEL:03-6740-7777(受付時間:10:00〜17:00 月〜金 ※祝祭日のぞく)

お問い合わせフォームへ

次のページ

PAGE TOP